WAN最適化

Riverbed Steelhead ハイブリッド環境に合わせて進化したWAN最適化ソリューション

Steelhead Appliance
ネットワーク
パフォーマンス

100倍以上

帯域利用量
削減効果

90%以上

予想投資収益率
(ROI)

497%

*3年間、IDCによるレポートに基づく

WANを介した通信は、距離による遅延のやアプリケーションの非効率なやり取りによってLAN上の通信に比べてレスポンスが悪くなります。

Steelheadはそれぞれの拠点でWANを挟み込むよう配置したアプライアンスまたはバーチャルなアプアプライアンスにより、数々の特許技術による3つの方式を利用しWANにおける課題を解消し、企業の最も負担となっているWAN回線の費用対効果を高め、業務の生産性を大幅に向上します。

WAN最適化により業務の生産性を落とさずにシステムの集約が可能とることで、セキュリティの向上につながるだけでなく、パブリッククラウドやSaaS等の通信も高速化。
ハイブリッド環境に適用しビジネスのスピードを高めます。

Steelhead WAN Topoligy

主な特徴と機能

  1. 1. データストリームライニング

    特許取得済みのデータ参照技術、重複排除機能など、リバーベッド社独自のヒット率の非常に高いバイトキャッシュと圧縮技術により最小限の差分データのやりとりのみ。
    データ転送時の帯域使用量を最大で99%削減。

    TCPベースのプロトコルやアプリケーションに対応:

    • ファイル共有プロトコル(CIFS/SMB)
    • Webアプリケーション(HTTP/HTTPS)
    • データベースソフトウェア(Oracle)
    • コラボレーションツール(CAD、SharePoint、電子メールなど)
  2. 2. トランスポートストリームライニング

    MX-TCP、High-Speed TCP、Regular TCPの3つのTCPを活用しTCPのやり取りを効率化することで通信を高速化。
    データ転送に必要となるTCPパケット数を65%~98%削減。
    SSL暗号化トラフィックを高速化しセキュリティとパフォーマンスを確保。

  3. 3. アプリケーションストリームライニング

    特定のアプリケーション向けモジュールを幅広くサポート。
    アプリケーションプロトコルの非効率性を最大で98%削減

Steelhead Performance Graph

具体的な利用例と効果

  • クラウドの高速化
  • Office365の高速化(SaaSの高速化)
  • ファイル共有の高速化
  • Webアプリケーション高速化
  • メール(Exchange, Notes)の高速化
  • ソフトウェア配布 / パッチ適用
  • ストレージやファイルサーバのディザスタリカバリ時間の短縮
  • WAN帯域の最適化による費用対効果の向上
  • モバイルユーザの生産性向上

利用例を見る

Steelhead Solution Map

ハイブリッドWAN、クラウド、モバイル、様々な環境でもアプリケーションの
パフォーマンスを向上させ生産性を高めます

様々な環境をサポートする豊富なシリーズ

・Steelhead CX / Virtual Steelhead

スタンダードなアプライアンスモデルと仮想アプライアンス。
仮想アプライアンス:VMware vShere(ESXi 5.5)、Microsoft Hyper-V Server 2012

・Steelhead for Cloud

クラウド環境用仮想アプライアンス。
AWS、Azure、VMware ESXベースのクラウドをサポート。
(AWS、Azureはそれぞれのマーケットプレイスにて購入可能)

・Steelhead SaaS

SaaS向けライセンス。
リモートオフィス側にSteelhead CX(または仮想アプライアンス)を導入。
Steehhead SaaSのサブスクリプションライセンスを購入することで高速化を実現。
(12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月など)

・Steelhead Mobile

モバイルクライアント用のソフトウェアタイプ。
WindowsとMACをサポート。
※別途「Steelhead Mobile Controller」が必要となります

・Steelhead SD

WAN高速化のSteelheadの機能と、SD-WAN機能が統合されたモデル。

SD-WAN専用モデル「SteelConnect」の詳細は こちら から

SH 770-SD

モデル一覧

Steelhead Produt Family スペックシート

メーカーサイトへジャンプします(pdfファイルが開きます)